相続人になるのは誰?

配偶者は常に相続人となります

※ 法的な婚姻関係が無い場合は相続人にはなれません

法定相続人とは?

遺産を相続できる人が民法に定められていて、該当する人を法定相続人といいます。

法定相続人は、亡くなった方の配偶者(夫、または妻)と、亡くなった方と血縁関係があることによって相続権を与えられている血族相続人の2つに大別されます。血族相続人については、相続できる親族の範囲と順位も民法で定められています。

配偶者と血族相続人は、共同して財産を相続することになります。配偶者がいない場合は血族相続人だけが、血族相続人がいない場合は配偶者だけが相続します。

血族相続人になれる順番は?

血族相続人の第1順位は子供(直系卑属)

相続人になれる「子」は嫡出子、胎児、非嫡出子(認知)、養子

子供が亡くなっている場合は、孫が引き継ぎます

第1順位の相続人は子供です。子供が数人いる場合は、同順位で相続します。長男が1番で他の兄弟姉妹はその次、ということにはなりません。

実子のうち、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子を「嫡出子」、そうでない男女の間に生まれた子を「非嫡出子」といいますが、どちらも相続人となります。

ただし非嫡出子が父親の相続人になる場合には認知が必要になります。非嫡出子と父との法的な親子関係は、認知により初めて発生するものとされているからです。(母子関係については分娩の事実によって発生するため、原則として認知を必要としません。)

亡くなった方が再婚していて、再婚相手に連れ子がいた場合、血のつながりのないその連れ子は血族相続人にはなれません。もし、連れ子を相続人にしたいと考えた場合は、養子縁組が必要になります。

養子は養子縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得し、第1順位の相続人になります。

相続の開始時にまだ生まれてきていない胎児は、相続に関しては既に生まれたものとみなされます。母体から生きて生まれた時点で相続人の資格が与えられますが、流産や死産などで生きて生まれて来なかった場合は、相続人にはなりません。

相続人の資格のある子供が、相続開始時より先に亡くなっていた場合には、その子供(孫)に権利が引き継がれます。このように権利が引き継がれることを代襲といいます。孫も亡くなっていて、ひ孫がいる場合は、孫に代わって相続できます。

このように、子・孫など自分より後の世代で、直通する系統の親族(直系卑属)の場合は、相続が発生したときに生存していれば、何代にもわたって代襲できます。

ただし代襲できるのは、死んだ場合(欠格、排除含む)であって、亡くなった方の子が相続放棄をしていたら、その子(孫)には相続権は移動しません

子供がいなければ、第2順位は父母(直系尊属)

相続人となる「親」は、実父、実母、義父、義母

父母が亡くなっていれば、祖父母が相続人に

第1順位の相続人が相続放棄も含めて一人もいないときは、父母、養父母が第2順位として相続人となります。実父母、養父母は同順位で相続人となります

親が相続開始時に既に亡くなっている場合(欠格、排除、相続放棄を含む)には、祖父、祖母が相続人となります。その祖父母も亡くなっている場合には、生存されていたらさらに上の代の親が相続人になります。

ただし、養父養母の祖父祖母、配偶者の父母は血縁がないため、相続人にはなりません

第1、第2順位に誰も該当しない場合は、兄弟姉妹

相続人となる兄弟、姉妹は、兄弟、姉妹、異父兄弟、異母兄弟

兄弟姉妹が亡くなっていたら、その子が相続人に

第1順位、第2順位の相続人に該当する人が1人もいない場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人となります。

兄弟姉妹が先に亡くなっていた場合には、その子(甥、姪)が相続人になります。ただし代襲されるのは甥、姪までで、その子や孫は相続人にはなりません。

子→孫→ひ孫→玄孫と、胎児も含めて生まれてさえいれば、何代にもわたって再代襲できる第1順位や、父母→祖父母→曾祖父母→高祖父母と、存命であれば何代にもわたって最代襲できる第2順位とは、その点が異なります。

亡くなった方と父、または母のいずれかだけが同じである兄弟姉妹(半血兄弟)も、相続人となります。相続人にはなりますが、相続分は父母を同じくする兄弟姉妹の半分になります。


​この記事は 2015年10月06日 に公開されたのものです。

記事の正確性には細心の注意を払っておりますが、記事公開後の法改正やガイドラインの変更などの影響により、記事閲覧時における最新の情報とは異なる内容である可能性があります。

関連記事

このような遺言は無効、取り消しとなります

遺言が無効になる例と、気をつけるべき3つの点について

遺言の無効、取り消し 遺言は故人の自由な最終意思を確保するために尊重されるべきものですが、何らかの理由で効力を持たないことも......

相続される権利や義務と、相続税の対象となる遺産の範囲

プラスの相続財産、マイナスの相続財産、相続税の対象外となる財産 いわゆる相続財産とされるものには、現金や預貯金、不動産などの......

宝くじを相続した場合は相続税がかかる?:ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識

子供の遺産を、親が相続する場合 宝くじで一億円を当てた島田百子という女性が、夜の街で飲み歩いた後に、交通事故で亡くなりました......

相続した空き家を売却するなら今! 3000万まで非課税になる特例が新設されます。

相続した空き家を売却するなら今! 3000万まで非課税になる特例が新設されます。

空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例 適切な管理がなされていない空き家が、その周辺の生活環境に与える悪影響が社会問題となって......

相続する際に選択できる3つの方法

相続する際に選択できる3つの方法

どのように相続するか、3つの方法が選択できます 相続でやってくるのは、預貯金や不動産などプラスの遺産だけとは限りません。 ......