高過ぎる「固定資産税」に不満がある場合どうすべきか

東京都内や大都市で暮らしながら、田舎の実家の不動産を相続するケースがある。しかし、実家に戻る予定がないために、売りに出そうとするものの、田舎の不動産はそう簡単には売れない。もちろん、田舎と言っても場所によるのは言うまでもない。 不動産は売却できない場合、所有しているだけで毎年、『固定資産税』を納めなければならない。…

続きを読む [BIGLOBEニュース]



新着記事

2018年5月25日
6月5日は「老後の日」 【終の棲家について調査】 「理想の終の棲家は現在の家」との回答37.6%! 「老後に暮らしたい場所は現在の家」が約半数

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター(https://www.sumaistar.com/)」を運営する株… もっと読む »

プレスリリース


2018年2月27日
【住まいの節税対策について調査】 知らないと損する!? 約4割が「3,000万円特別控除」で売却益を節税

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター(https://www.sumaistar.com)」を運営する株式… もっと読む »

プレスリリース


2017年12月13日
【調査】「相続・譲渡したまま」の遊休地が約3割! 土地の入手方法は約4割が相続、4割が土地活用に興味あり!

不動産関連の比較査定サイト「スマイスター(https://www.sumaistar.com)」を運営する株式… もっと読む »

プレスリリース


2016年10月25日
65歳以上でも可。持ち家を担保に融資を受ける「リバースモーゲージ」とは?

持ち家に住み続けながら融資を受ける「逆抵当融資方式」 リバース・モーゲージは「逆抵当融資方式」といわれる融資で… もっと読む »

相続の知識


「読めない」遺言書

2016年10月5日
破れている、文字が判読できない…「読めない」遺言書が出てきたら、どうしたらいい?

読めない遺言書が出てきたら 直筆の遺言書で、書かれた文字がかすれていたり、読めない文字があったりして、内容がわ… もっと読む »

相続の知識