遺言があった場合は、どのように相続する事になりますか?

基本は遺言の通りに。しかし、必ずしもその通りになるわけではありません。

遺産はお亡くなりになった方が生涯をかけて残されたもので、生前であればご本人の意思で思う通りに処分できた財産です。 そのご本人の意思を死後も尊重するために、基本的にその内容の通りに遺産が引き継がれる事になります。

遺言はどのような形で残しても有効となるわけではありません。

遺言が有効だと認められるには、いくつかの条件があります。その条件を満たしていない遺言は無効とされます。(法的に有効ではない遺言でも、相続人全員がその内容に納得すれば、その内容通りに遺産分けされます。)

「遺留分を持つ相続人」が主張すれば、遺産を部分的に確保できます。

例えば「愛人Aに遺産の全てを譲る」という内容の遺言が残されたとします。 その遺言が法的に有効と認められる形式を満たしていれば、全額が愛人Aに贈られる事になります。

しかし「遺留分(いりゅうぶん)」と呼ばれる、遺産をある一定の持ち分確保できる権利を有する相続人が「待った」をかけた場合は、遺産の全額が愛人Aに贈られることにはなりません。遺留分を除いた部分だけが、愛人Aの取り分になります。

遺留分を確保するなら「遺留分減殺請求」を行います

遺留分を確保するためには、遺言書により財産を相続した人(この場合は愛人A)に対して「遺留分減殺請求」をする必要があります。

遺留分減殺請求の方法には特に決まりはなく、必ずしも裁判上の請求による必要はありません。 しかし裁判外で請求する場合は、減殺請求を行ったという事の証拠とするために、内容証明郵便によって行うのが一般的です。

「遺留分減殺請求」には時効があります

  • 相続開始および減殺すべき贈与、または遺贈があったことを知ったときから1年
  • 贈与等によって遺留分が侵害されていることを知らなくても、相続が開始されたときから10年

遺留分減殺請求を行うなら、時効にはご注意ください。

遺留分を持つ相続人はだれ?

兄弟姉妹を除く法定相続人=配偶者、子、親

遺留分を持つのは、法律上の配偶者、子供、親など、故人の兄弟姉妹を除いた法定相続人です。

配偶者や子供が法定相続人にいる場合は相続財産の2分の1が遺留分となり、法定相続人が親だけの場合は、相続財産の3分の1が遺留分になります。

遺留分減殺請求をする、しないは、各相続人の自由です

遺留分を持っていたとしても、「遺言の通りで良い」と思えば、必ずしもそれを行使する必要はありません。

遺留分を持つ相続人が複数いて、減殺請求をしたい人、しない人に別れたとしても、相続人全員の意見を一致させる必要はありません。各人が自由に選択できます。

また、遺留分を持っている人がそれを放棄する事も可能です。

死んでも遺産を渡したくない「遺留分を持つ相続人」がいる場合は

遺産を残す側のご本人に「どうしても遺留分を無くさせておきたい相続人」がいる場合、家庭裁判所への「廃除」の申立によって、実現できる可能性があります。

しかしご本人の希望だけで廃除が認められるわけではなく、被相続人に対しての虐待、重大な侮辱、著しい非行があったことなどが、事由として必要です。

廃除事由の存在が認められても、家庭裁判所が必ず廃除の審判を下すとは限りません。親族間の複雑で微妙な問題を背景としている場合が多いので、相続人側、被相続人側の事情も吟味するなど、総合的に判断されているようです。


​この記事は 2015年09月25日 に公開されたのものです。

記事の正確性には細心の注意を払っておりますが、記事公開後の法改正やガイドラインの変更などの影響により、記事閲覧時における最新の情報とは異なる内容である可能性があります。

関連記事

相続する際に選択できる3つの方法

相続する際に選択できる3つの方法

どのように相続するか、3つの方法が選択できます 相続でやってくるのは、預貯金や不動産などプラスの遺産だけとは限りません。 ......

亡くなる直前に入籍した場合の相続:ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識

遺言状を勝手に開けると罰金が 7月7日夜11時59分からスタートした、木曜プラチナイトドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」。主......

気をつけて!子供や孫の名義の口座でも

相続税対策で子供や孫の通帳にお金を移動させる際に気をつけるべき点

本当は誰のもの?相続時に厳しくチェックされる口座の実態 典型的な相続税対策の一つに、非課税枠を利用した生前贈与があります。 ......

相続税の物納について

相続税の物納について

相続税の物納とは 相続税を支払う方法の1つに、現物で納める物納があります。「活用していない土地があるから、それを物納すればい......

知らないと危険! 他の相続人の相続税を支払うはめになる可能性が!

知らないと危険! 他の相続人の相続税まで、あなたが支払うはめになるかも!

ある日いきなり、他の相続人の相続税を支払えという通知が... 遺産分割を終えて、相続税の申告と納付も完了。これで相続は終わっ......