何て書いているかわからない、破れている...「読めない」遺言書、どうすればいい?

読めない遺言書が出てきたら

直筆の遺言書で、書かれた文字がかすれていたり、読めない文字があったりして、内容がわからない場合があります。また、発見した時には既に一部破られていて、その部分が読めない、という事も。

そのような遺言書が出てきた場合には、一体どうしたらよいのでしょうか?

直筆の遺言書の文字が判読できない場合

直筆の遺言書の文字が、汚れなどの原因により判読不可能となっている場合は、その該当箇所が無効となります。

くせ字などで相続人が遺言書の文字を判読できないときは、筆跡鑑定が必要になる可能性もあります。摩滅・汚損している文字については科学的に鑑定してもらう方法もあります。

遺言書が読めなくなっている場合、それが遺言者の意思によるものであれば、その破棄された部分については遺言が取り消されたことになります。

しかし遺言者以外の相続人や受遺者によって、意図的に変造されたものである場合は遺言としての効力は失われず、もともと書いてあった内容が有効とされます。

遺言書が破れていた場合

遺言書が破損した状態で発見された場合には、その遺言の形式や破損の程度、破損に至った経緯によって、扱いが変わってきます。

公正証書遺言の場合

公正役場で作成する公正証書遺言は、原本が公証役場に保管されています。そのため、遺言者が保存していた遺言書の正本が破損したとしても、再発行を依頼すれば、もともとの遺言の内容を確認することができます。

直筆遺言証書の場合

消失して内容が全く読めないような場合はどうする事もできませんが、直筆の遺言書が破れていたとしても、復元すれば内容は判読できるような場合は、遺言者の意思が問題になってきます。

民法では、遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなすと定められています。そのため、遺言者が自らの意思で自筆の遺言を破り捨てた場合には、遺言は撤回されたとみなされます。

ただし撤回とみなされるのは、遺言者が意図的に遺言書を破棄した場合であって、遺言者が遺言を新しく書きかえた際に、古い遺言書ではなく新しい遺言書を破ってしまった場合や、他の書類と間違えて遺言書を破ってしまった場合など故意ではない場合は、撤回にはあたらないとされます。

もちろん、遺言書が他人によって破られた場合も、遺言が撤回されたことにはなりません。

現実問題として…

しかし実際には、直筆の遺言書が誰の手で、どのように変更が加えられたか、破損されたかを確認、証明するのは非常に困難です。

このような判断が難しい遺言書を発見した場合で、相続人間で争いが発生する可能性が濃厚な場合には、鑑定に出したり、法律家に相談したりと、専門家の手を借りて問題に対処することが望ましいといえるでしょう。

相談先を探す


​この記事は 2016年10月05日 に公開されたのものです。

記事の正確性には細心の注意を払っておりますが、記事公開後の法改正やガイドラインの変更などの影響により、記事閲覧時における最新の情報とは異なる内容である可能性があります。

関連記事

遺言があった場合

遺言があった場合は、どのように相続する事になりますか?

基本は遺言の通りに。しかし、必ずしもその通りになるわけではありません。 遺産はお亡くなりになった方が生涯をかけて残されたもの......

直筆の遺言状が無効にならないために最低限守るべき、6つのポイント

直筆の遺言状が無効にならないためのポイント6つ

法的な効力を否定されない遺言を書くためには 直筆で書く自筆証書遺言は、費用もかからず、思い立ったときにご自分だけで作成できる......

遺言と遺言書の違いとエンディングノートについて

遺言と遺言書の違いとエンディングノートについて

遺書と遺言書の違い 遺書と遺言書。一見同じように思える二つの言葉ですが、じつは法律的な意味合いは全く異なります。 残された......

相続税の物納について

相続税の物納について

相続税の物納とは 相続税を支払う方法の1つに、現物で納める物納があります。「活用していない土地があるから、それを物納すればい......

最悪、倍近くの追徴課税が! 隠ぺい、遅延など、相続税のペナルティー

最大40%超!重たい相続税のペナルティー。無申告加算税、過少申告加算税、重加算税、延滞税。

ごまかしや遅延はペナルティーの対象です。 期限までに相続税の申告をしなかったり、申告をしても財産を隠ぺいしたり事実を偽ってい......