不動産が相続税対策になると言われるのはなぜ?

相続税の算定のための評価方法が異なります

現金で相続するより、不動産でした方が相続税対策になる、とよく言われますが、それはなぜでしょうか?

それは、法律で定められた相続税の算定方法が異なるせいです。

土地の場合、住宅地であれば路線価※1を基に算定価格を算出します。そして路線価は実勢価格のおおよそ70~80%程度に設定されています。つまり1億円の不動産であれば、7000~8000万円の財産として扱われることになります。

^※1 路線価 とは

道路(路線)に面する宅地 1m2あたりの評価額のこと。路線価は、土地取引の指標となる公示地価(地価公示価格)の8割程度の価格となっており、国税庁によって毎年公表されています。

路線価図を調べる

http://www.rosenka.nta.go.jp/

そして建物は、固定資産税評価額が基準になり、これもおおよその目安として、60%程度の評価となります。 2000万円の建物であれば、おおよそ1200万円の財産として取り扱われます。

たとえば、1億2000万円を現金で相続すると、そのままの金額が課税対象額になりますが、1億円の不動産と2000万円の建物を相続すると、8200万円~9200万円が課税対象となり、その差額の分だけが節税になるわけです。

特例でさらに、評価額が下がります。

条件があてはまれば、通常の相続時の土地の評価額から、さらに80%減になる特例もあります。

また、賃貸用の住居として人に貸し出せば約20%~50%低く抑えることもできます。

これらの特例を使う事によって、相続税の評価額をさらに下げることが可能です。これが、不動産は相続税対策に適しているといわれるゆえんです。

ただし、相続対策ではじめたアパート経営で損失を出してしまったり、何人かの相続人がいるのに不動産しかめぼしい財産が無いと、遺産分割が難しく相続争いの原因となることもあります。


​この記事は 2016年03月15日 に公開されたのものです。

記事の正確性には細心の注意を払っておりますが、記事公開後の法改正やガイドラインの変更などの影響により、記事閲覧時における最新の情報とは異なる内容である可能性があります。

関連記事

遺言で法的な効力を持つことと、持たないこと

遺言で法的な効力を持つことと、持たないこと

法律上の効果が認められる「遺言事項」とは 遺言事項とは、民法・その他の法により遺言によって成し得る旨が定められた事項です。 ......

遺言があった場合

遺言があった場合は、どのように相続する事になりますか?

基本は遺言の通りに。しかし、必ずしもその通りになるわけではありません。 遺産はお亡くなりになった方が生涯をかけて残されたもの......

相続される権利や義務と、相続税の対象となる遺産の範囲

プラスの相続財産、マイナスの相続財産、相続税の対象外となる財産 いわゆる相続財産とされるものには、現金や預貯金、不動産などの......

相続する際に選択できる3つの方法

相続する際に選択できる3つの方法

どのように相続するか、3つの方法が選択できます 相続でやってくるのは、預貯金や不動産などプラスの遺産だけとは限りません。 ......

相続税を一括で支払うだけの資金がないときは、分割払い「延納」の手続きを

相続税を一括で支払うだけの資金がないときは、分割払い「延納」の手続きを

基本は現金一括支払い 相続税、納付期限までに現金で一括で納めることが原則です。しかし、期限までに現金を用意することができない......