相続したまま放置されていた空き家が、強制撤去に

撤去費用は、所有者に請求

2016年3月3日、全国で初めて所有者が特定されている空き家を強制撤去する作業が、東京都内で始まりました。

強制的に取り壊された東京都葛飾区の空き家は、建築後55年が経過していて倒壊する恐れがあるため、区が「特定空き家」に指定して、1月に撤去命令を出していました。

しかし、所有者の70代の女性が命令に応じないため、葛飾区は3日から強制的に撤去作業を始めました。撤去費用の185万円は所有者に請求されるといいます。

「特定空き家」とは

2015年5月26日に「空き家対策特別措置法」(空家等対策の推進に関する特別措置法)が施行されました。
空き家対策特別措置法では、市町村の調査で「特定空き家等」と認定されれば指導、勧告、撤去命令などの対象となります。

所有者が撤去命令に従わない場合や、市町村が手を尽くしても所有者が分からない場合は、行政代執行による解体が認められることになりました。

“特定空き家等”にあてはまるのは

  • 倒壊等、著しく保安上危険となるおそれのある状態
  • 著しく衛生上、有害となる状態
  • 適切な管理が行われず景観を損なった状態
  • 周辺の生活環境の保全のために放置することが不適切な状態

特定空家の基準や措置についてのガイドライン

「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針(ガイドライン)【概要】(http://www.mlit.go.jp/common/001090532.pdf)

「特定空き屋」認定で、固定資産税が2倍以上に

建物がある土地には、土地の固定資産税が優遇される特例がありますが、解体して更地にすると、その優遇が受けられません。

解体費用をがかかったあげくに、固定資産税が倍以上になるという制度の元では、相続した家が空き家になっても、積極的に更地にしようという人はあらわれず、空き家として放置される要因となっていました。

そこで同法において、特定空家等に対する市町村の改善勧告があると、土地に対する固定資産税の特例から除外され、土地の固定資産税が最大で4.2倍にも増額されることになりました。

危険な空き家を撤去する対策が、次々と

同法施行以降、これまでの所有者不明の空き家は、2015年10月の神奈川県横須賀市での強制撤去をはじめ、全国各地で行われてきました。

また、2016年3月2日には、和歌山県那智勝浦の空き家に対して、景観を損ねるという理由で「県景観支障防止条例」に基づいた初の行政代執行による撤去を開始しました。

所有者がわかっている空き家の、「空き家対策特別措置法」による行政代執行による撤去は2016年3月3日の東京都葛飾区が初ですが、その前日に、別の条例に基づいて、所有者が判明している空き家が強制撤去されたということになります。

今後、所有者が判明している、していないに関わらず、危険な空き家に対する行政代執行は、増加していくことが見込まれます。

空き家売却、解体に対する優遇措置

空き家の強制撤去を進める一方で、空き家問題を解消するために、今年4月から空き家を売却した際の優遇措置も新設されることになりました。

また、空き家を解体するための補助金を提供している自治体の数も増加しています。

空き家を放置したままにしている人は、売却する、更地にする、駐車場にする、改修、新築した上で、貸し出すか子供に贈与するなど、何らかの対策を考えるべき時期にきているといえるでしょう。


​この記事は 2016年03月04日 に公開されたのものです。

記事の正確性には細心の注意を払っておりますが、記事公開後の法改正やガイドラインの変更などの影響により、記事閲覧時における最新の情報とは異なる内容である可能性があります。

関連記事

化石

高価な化石を相続する:ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識

発掘された化石は誰のもの? 型破りな遺産相続専門の弁護士・柿崎真一(三上博史)と新米弁護士の丸井華が遺産相続をめぐる争いに決......

法定相続人でも、相続権を失うことがある?

法定相続人でも、相続権を失うことがある?

相続権を失う「相続欠格」と「相続廃除」 民法によって定められた「相続できる人」である法定相続人ですが、相続権を失う場合があり......

亡くなる直前に入籍した場合の相続:ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識

遺言状を勝手に開けると罰金が 7月7日夜11時59分からスタートした、木曜プラチナイトドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」。主......

相続後に負の遺産(借金)があるのを知った場合:ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識

相続放棄ができなくなる場合とは 型破りな遺産相続専門の弁護士・柿崎真一(三上博史)と新米弁護士の丸井華が遺産相続をめぐる争い......

ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識:その5

ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」にみる法律の豆知識:その5

「愛人の子」の権利とは? 父も母も知らず、天涯孤独の身の上の麻生珠美。実は彼女は資産家・霧島宗一郎の隠し子であり、遺言で別荘......